転職先によって行われる在籍確認とは

転職活動では、応募をする会社に対して今までの勤務先の情報を伝える事になります。そもそも応募する際には、必ず書類を提示する事になるでしょう。

履歴書などには、職歴を記載する欄がありますね。そして転職先によっては、在籍確認をする事もあるのです。その理由は、簡単な事実を確認する為です。

1.内容の整合性が合否の基準の1つ

まず転職で求められる点の1つは、面接時に答えた内容との整合性なのですね。面接にて、人事担当の方に正しい情報を伝えていたか否かは、重視される事になる訳です。

もしも正しい内容ではなかったと発覚した時には、不採用になるケースもあります。ですので面接時には、正しい内容を伝える必要があるのです。

2.電話で整合性を確認している

どうやって整合性を確認するかというと、それが前述の在籍確認です。例えばAさんという方が、ある時までB社にて勤めていたとします。それで何らかの理由があって、AさんはC社に転職をしたいと思いました。

その場合は、当然C社に提出する履歴書に対して、B社のデータを記入する事になるでしょう。そしてC社としては、本当にB社にて勤務をしていたかどうかを確認したい訳です。

前述のように、整合性に関わる問題があるからです。確認の手段としては、主に電話になります。履歴書に記載をした会社名などから検索をして、B社に電話をする事になります。

それでC社での面接に間違いが無いかどうかを、簡単に確認している訳ですね。Aさんにはその内容は伝わりませんが、たいていの転職先ではそれを行っている訳です。

3.確認内容は転職先によって色々

ちなみにどこまでを確認しているかは、それこそ転職先によって色々と異なります。B社での勤務状況はどうだったのかが、何となく確認される事もあります。

もしくは勤続年数などに関する質問をされている事もありますし、状況によっては退職理由などを質問している事もあるのです。

ただし、あまり突っ込んだ質問はされないケースが多いです。と言うのも日本では、個人情報に関わる様々な決まりがあるでしょう。

法律による兼ね合いがあって、あまり細かな点までは確認できないのが実情です。そこまでプライベートな点まで在籍確認で聞かれる事は無いので、安心かと思います。

4.探偵に確認を任せる事も

ちなみに資金体力がある会社の場合は、その在籍確認の為に探偵に依頼している事もあります。探偵業というのは、主に調査を行う事になりますね。

雇用しようと考えている人材が面接で正直な話をしていたかどうかを、探偵業の方々に確認をしてもらっているケースもあります。

ただ探偵業に対する依頼は、現在では件数は減っていると考えて良いでしょう。やはり資金的な問題があるので、自社で在籍確認をしている事例が多いのが実情です。

●正直な情報が大事

以上から、次のような事が言えるでしょう。

・転職先によっては以前の勤め先への在籍確認をする
・どこまで質問されるかは転職先によって色々
・そこまで突っ込んだ質問はされない
・探偵に在籍確認を任せる会社も

いずれにしても、事実確認が行われている事例は多いですね。そして嘘が発覚してしまえば、やはり内定は著しく難しくなってしまいます。転職活動では、とにかく正直な情報を伝えるよう心がけるべきでしょう。

大手企業への転職とその3点のメリット

転職活動を行う方々は、大手企業を望むケースが大変多いです。現在お勤めの会社に対する不満点が、そこへの転職によって解決できる見込みが大いに考えられるからです。

大手企業には様々な特徴がありますが、主な点としては安定性と給料とやりがいの3点が挙げられます。

1.会社は比較的安定している

まず大手の会社の場合は、安定度は比較的高めな傾向があります。というのも大手の会社では、資金体力などに余裕があるケースも多いからです。

中小規模の会社の場合は、必ずしも余裕があるとは限りません。資金体力には限界があるので、経営状況に不透明感があるケースも決して少なくないのです。

ところが大手の場合は資金体力も余裕があるので、それだけ安定感がある所も目立ちます。会社の経営なども、簡単には傾かないからです。

2.勤め先の経営が不安なので大手に転職

前述のようにが中小規模の会社で働く方々の中には、その不透明感に関する大きな不安を覚えている方も見られます。

先行きが不透明となると、精神的なストレスも大きくなってしまうでしょう。

しかし大手企業ならば比較的安定している事も多いので、中小企業から大手に転職をする方などは珍しくありません。現にそれで安定性を確保した方も、多く見られます。

3.会社の給料に不満がある

それと会社勤めをする多くの方々の中には、現在の給料が少々不満だと感じている方も見られます。例えば現在の会社から、毎月25万円を受け取っているとしましょう。

ところが、それでは不服な方も見られる訳ですね。会社で頑張っているにもかかわらず、25万円では少々少な過ぎると思う方々もいる訳です。

4.収入が高めな大手に転職をする

ところが大手の場合は、総じて収入が高めな傾向があります。前述のように大きな会社は、資金体力には比較的余裕があるからです。

それで従業員に対して、ある程度高めな給料を支給できる会社も目立つのですね。上記のような月収25万の方が、大手に転職をした事によって、30万などにアップする事もあります。

実際大手としては、優秀な人材ならば多少高い給料を出してでも雇いたい所もあるのです。ですので給料に不満があるなら、大手への転職を検討してみるのも良いでしょう。

5.大規模プロジェクトのメリット

それと大手の会社の場合は、仕事も比較的大規模になる傾向があります。何せ会社がとても大きいので、手がけるプロジェクトなども大きくなりがちです。

中小企業の場合は資金的な限界があるので、手がけるプロジェクトが比較的小規模になる事も目立ちます。そして人によっては、小規模なプロジェクトではやりがいを感じられない事もあるのですね。

その場合は大手に転職をして、やりがいのある仕事に挑戦してみるのも一法なのです。

●大手企業の3つのメリット

つまり大手の会社に転職をするメリットとしては、主に次のような3点になるでしょう。

・経営の安定性
・収入の高さ
・大型プロジェクトによるやりがい

大手の会社には、このように複数の魅力がある訳ですね。現在お勤めの会社が小規模で、何らかの不満点などがあるならば、大手企業への転職は選択肢の1つになり得るでしょう。

土日休みを目的に転職活動をする

会社にお勤めの方々の状況も色々で、中には休日に関する問題がある所も見られます。というのも、なかなか休むのが難しい会社もあるのです。

会社からの出勤を余儀なくされていて、なかなかプライベートの時間を確保するのが難しい方々も、たまに見られます。その場合は、土日休みの所を探して、転職活動を行う選択肢もあるのです。

1.土日に休めない所も

そもそも一部の企業では、たまに土日を休みにするのが難しい事があります。というのも一部の会社は、あまり余力がありません。

会社の売り上げがあまり順調では無いので、やむを得ず従業員の方々に対して、出金の日数を多くするよう働きかけている所も見られます。

その1つが土曜日や日曜日ですね。一般的に多くの会社では、その曜日は基本的には休日となるのですが、余裕が無いとなるとまた話が異なってきます。

売上数字などがあまり順調では無いので、やむを得ず従業員に対して土日でも出勤を命じることがあるのです。

2.土日出勤によるストレス

しかし問題は、そこで働く従業員の方々です。土日出勤によって何らかのメリットがあれば良いですが、残念ながらデメリットの方が大きいことも少なくありません。

例えば健康被害ですね。出勤の日数が多くなれば、それだけ健康面に対する悪影響なども懸念されます。それとプライベート確保の問題点もあるでしょう。

日数が多くなれば、なかなかプライベートの時間を確保するのが難しくなってしまいます。まして家族サービスを重視する方々などは、土日出勤は深刻な問題と言えます。

土日に休む事ができずに、家族と時間を共有できないケースも珍しくないからです。つまり土日出勤を余儀なくされれば、従業員としてはストレスを抱えてしまう訳ですね。それをかなりの程度のストレスになります。

3.一部の会社は土日が完全に休日

ところで数ある求人広告を見ますと、土日完全休日などと明示されている事があります。つまり、土曜日や日曜日は休日として完全固定される事になるのです。

原則として出勤を命じられる事が無い訳ですから、上記のようなストレスを抱えている方々にとっては、そのような会社で働くメリットは大きいでしょう。

4.土日休みの会社に転職をする

すなわち現在お勤めの会社の休日数が少なすぎるならば、土日休みの求人広告に着目してみる方法もある訳ですね。

その広告を出している会社に転職をすれば、プライベートの時間も確保できるようになりますし、家族サービスの時間も増えると考えられるからです。

あまりにも休日が少ないとお考えならば、転職活動を検討してみるのも一法と言えます。

●ストレス解決のために転職活動

以上から、次のような事が言えます。

・土日でも出勤を命じられる会社もある
・土日出勤に伴って多くのストレスが生じる
・一部の会社では土日は完全に休み
・転職によってストレスの問題を解決

何せストレスが蓄積してしまえば、日常業務にも悪い影響を及ぼしかねません。家族サービスの時間が大きく減ってしまうのも、やはり問題ですね。

出勤日数が多すぎると思うならば、転職活動を行ってみるのも悪くない選択肢の1つと言えるでしょう。

ボーナスに不安があるので転職をする

会社勤めをしている方々は、必ずしも現在の給料に満足をしているとは限りません。人によっては、ちょっと給料は低めだと考えている事もあるのです。

いわゆる景気の問題などにより、給料に関する不満を抱えている方々も見られます。その場合は、転職という選択肢もある訳です。

1.ボーナスが無い会社も

ところで会社勤めをするとなると、原則として正社員にはボーナスは払われる事にはなります。ボーナスは、給料数ヶ月分と設定されている事が多いですね。

毎月の給料が20万円で、ボーナスが2ヶ月分と設定されているなら、ボーナスは40万円になる訳です。もちろん何ヶ月分になるかは、会社によって色々と異なります。

ところで数ある会社の中には、そのボーナスに関わる問題点を抱えている所もあるのです。というのも一部の会社では、あまり経営状況はよくありません。

あまり経営が順調では無いので、従業員に対してボーナスを支給するのが難しい会社も見られる訳です。そのような会社でお勤めの従業員としては、やはり不安を覚えてしまいます。

2.ボーナスがコンスタントに出る会社も

もちろんその逆のタイプの会社もある訳ですね。例えば大手の企業などです。一般的に中小規模の会社の場合は、経営の危機に直面しているケースも多々あります。

それで前述のようなボーナスの問題が生じる中小企業も多く見られますが、大手企業の場合はまた話が異なる事も多いのです。大手の会社は、全般的に経営が安定している傾向はあります。

それで定期的に、従業員の方にボーナスを支給できる所も珍しくはないのですね。

また創業年数が長めな会社なども、ボーナスに関する安定度が見られます。何せ会社経営の年数が長く、簡単には倒産しないノウハウも備えているので、従業員に対してボーナスをコンスタントに支給できる会社も珍しくありません。

3.ボーナスの不安を転職で解決

現在お勤めの会社のボーナスに不安があるならば、上記の上場企業や年数が長い会社に着目をするのも一法でしょう。

そのような会社に転職をする事によって、現在の問題点が解決できる可能性も大だからです。実際その転職によって、ボーナスがコンスタントに支給されるようになった事例も、非常に数多く見られます。

人によっては、年収が大きくアップしている事もあるのです。収入に関する不満があるなら、転職も一法と言えるでしょう。

4.紹介会社を活用して効率良く見つける

ただ、転職活動では会社の見極めなども必要になります。どのような会社ならばボーナスをコンスタントに支給してくれるか、なかなか自力では見極めが難しい事もあるでしょう。

その場合は、人材紹介会社という選択肢もあります。紹介会社の場合は、独自のリサーチなどを行っているので、コンスタントにボーナスを支給してくれる所を紹介してくれるからです。

ボーナスを目的に転職を行うなら、紹介会社に登録してみるのも一法と言えます。

●ボーナスの為に思い切って転職

したがって、次のような点が言えます。

・ボーナス支給が難しい会社もある
・ボーナスが支給されずに不安が生じる事も
・それがコンスタントに支給される会社もある
・紹介会社などを通じて転職をする方法がある

ボーナスが支給されないまま現在の会社に勤めていても、色々と不安が拡大してしまう可能性もあります。

それで後々になってお金に関わる問題が生じるのも、色々と困るでしょう。ボーナスに関わる不安があるなら、やはり転職を検討してみるのも一法と言えます。

関連サイト:転職サイトなら日本最大級の【エン転職

転職に付きまとう不安を克服するためには

転職に不安はつきものです。転職活動自体がうまくいくかは誰にもわからないうえ、仕事が決まっても環境がいいか、良好な人間関係を築けるかは入って見ないとわからないものだからです。

しかし、転職を決意したのであればそれだけの理由があるため、それを放置し続ける方がエネルギーの無駄になることもあるのです。

1.リスクを乗り越えなければ成功も無い

転職で不安になる際にまず考えたいことは、ノーリスクでつかめる成功は無いと言うことです。チャンスをつかむにはチャンスを探すための努力だけでなく、タイミングを逃さないための能力も必要になります。

準備が整っていなければ、チャンスは目の前を過ぎていくのを眺めるだけのものになってしまいます。努力やスキル、実績を積んで初めてものにできるのです。

経験には成功体験だけではなく、失敗の経験が含まれる事もあります。失敗しても前向きに考えるバイタイリティも重要で、前向きな人物ほど好感も得やすくなります。ポジティブな思考も成功を引き寄せるポイントなのです。

2.不安に思うだけ時間のロスになる

不安に思う気持ちは中々排除できないものですが、不安になればなるだけ時間とエネルギーのロスに繋がります。

特に思考がループしてしまうとなかなか抜け出せなくなるものですが、時間を有効に使った方がビジネスでも人間としても成功する確率が増えてきます。

考えて解決策を見つけられることならそれだけプラスになることもありますが、解決しない不安は考えるだけ無駄なのです。

どうしても不安がぬぐえない場合はメリットとデメリットを比較した上ではっきりと答えを出すことも重要です。あまり引きずると面接などでもマイナス印象になる可能性は考慮しておく必要もあるのです。

3.対策をして不安を和らげる方法もある

どうしても迷ってしまうことや、不安が付きまとう場合は対策を行うことで気持ちの安定を図ることもできます。

例えば対人関係で不安があるのであれば積極的に話しかける癖をつけることや、ビジネス関連の書籍を読むなど、自分や環境を変える努力にかえればそれだけプラスになります。

努力が無駄になる可能性はありますが、何もしないで後悔するよりもましである場合も多いのです。何故なら、次に同じ方法をとることは無いため、過ちを繰り返さないで済むからです。

書籍などで解決しない場合は、ビジネススクールなどで適性診断を受ける、模擬面接を受ける、履歴書や職務経歴書の添削サービスを受けると言った方法もあります。

履歴書や職務経歴書を代筆で書いてくれるサービスも存在するため、自分の弱点を補う方法を見つけた方が現実的なのです。

●転職に不安はつきもの

転職に不安はつきものだからこそ、うまく調整してくことが重要になります。

・リスクなしで成功はつかめない
・不安に思うほど、時間とエネルギーの無駄
・対策で不安を和らげる方法もある

考え方を変えれば不安を受け止められる人がいる一方で、どうにもできない人もいます。そんな場合な実際に対人関係を良好にするスキルや、転職のための講習を受けるなど努力にかえた方がプラスになりやすいのです。

転職で職歴1年未満は今後にかなり影響する事も!

一年未満で転職する場合にはそれなりに理由があっての事だと思われます。しかし面接をする側の人事はそんな個人の事情など考慮に入れてくれる事は決してありません。

今回は1年未満の転職がどれだけ今後を左右されるかを見てみましょう。

1.新卒で一年未満の職歴は相当厄介

一年未満の転職の中で非常に厄介なのが新卒で入った会社を短期で転職する場合です。

この場合一年未満どころか丸一年働いたとしても短期で会社を辞めた人と見なされ、若くてもその後の転職活動に大きく響いてしまう事も多々あります。

新卒で一年未満で転職する為に会社を辞めた場合、まだ若いので求人数はたくさんあり、結構良い条件の企業や大きい企業で正社員の募集を見つける事が出来ますが、会社で働いた期間の短さを見ただけで仕事が長続きしない人と判断され、不採用になる場合もあるのです。

そのため例え若くても良い企業で就職する事が出来ず、ある程度妥協した条件で働く事になる場合もしばしばあります。新卒で一年未満が厄介なのはそれだけではありません。

中途と違って初めの職歴が短いと、短い職歴を履歴書に書かずにごまかすという手が有効に使えません。

職歴を書かなかった場合、在学中に企業に採用が決まらなかった無能な人、書けば書いたで物事に耐える力が無い人と判断されてしまうのです。

2.中途で一年未満の転職なら少しは救いが

中途で一年未満の転職ならば新卒よりはまだ救いがあります。最悪自己責任でですが履歴書にその職歴を書かずに応募するという手も新卒より有効に使えるからです。

会社で働いていたはずの期間を無かった事にするため、その間何をしていたかを聞かれる場合がありますからパートをしていたなどうまい言い訳を考えておく必要がありますが、ごまかしもききやすいので少しはマシと言えるでしょう。

ですが短い職歴は転職活動の度に一生付きまとうものなので、無いに越した事はありません。

3.一年未満の職歴…マイナスイメージを打ち消すには?

一年未満の職歴はどこの企業でもマイナスイメージを持つ事が多く、時間が経てば消える類の物ではないため非常に厄介で、下手をすれば職歴で一生ハンデを背負う羽目になります。

このマイナスイメージを打ち消して就職活動を成功させるためには、

・5年以上働いていたという職歴を頑張って作る
・資格を取り、人材不足の業界へ就職する
・転職に成功したら短い職歴をこれ以上作らないようにする

…といった事が挙げられます。短い職歴をこれ以上作った場合、更にハンデを背負って就職活動する事になり、転職の度に就職する企業がグレードダウンしていく事もめずらしくないのです。

それを避けたい場合は長続きしている職場もあったという経歴を作る為に長く働くしかありません。

企業は職歴で人を見る

日本は一度つまづいた人間が再起をはかるのが難しい国です。この「つまづく」と言うものの中にはニートなど職歴にブランクがあるものや学校中退も含まれますが、ごく短期の職歴や転職歴の多さなどもそれに含まれます。

初対面の人を面接する企業の人事は、中途の場合は面接での本人のイメージの他に重点的に過去の職歴を見ますから、なるべく短い職歴を作らないようにしたいものです。