転職に付きまとう不安を克服するためには

転職に不安はつきものです。転職活動自体がうまくいくかは誰にもわからないうえ、仕事が決まっても環境がいいか、良好な人間関係を築けるかは入って見ないとわからないものだからです。

しかし、転職を決意したのであればそれだけの理由があるため、それを放置し続ける方がエネルギーの無駄になることもあるのです。

1.リスクを乗り越えなければ成功も無い

転職で不安になる際にまず考えたいことは、ノーリスクでつかめる成功は無いと言うことです。チャンスをつかむにはチャンスを探すための努力だけでなく、タイミングを逃さないための能力も必要になります。

準備が整っていなければ、チャンスは目の前を過ぎていくのを眺めるだけのものになってしまいます。努力やスキル、実績を積んで初めてものにできるのです。

経験には成功体験だけではなく、失敗の経験が含まれる事もあります。失敗しても前向きに考えるバイタイリティも重要で、前向きな人物ほど好感も得やすくなります。ポジティブな思考も成功を引き寄せるポイントなのです。

2.不安に思うだけ時間のロスになる

不安に思う気持ちは中々排除できないものですが、不安になればなるだけ時間とエネルギーのロスに繋がります。

特に思考がループしてしまうとなかなか抜け出せなくなるものですが、時間を有効に使った方がビジネスでも人間としても成功する確率が増えてきます。

考えて解決策を見つけられることならそれだけプラスになることもありますが、解決しない不安は考えるだけ無駄なのです。

どうしても不安がぬぐえない場合はメリットとデメリットを比較した上ではっきりと答えを出すことも重要です。あまり引きずると面接などでもマイナス印象になる可能性は考慮しておく必要もあるのです。

3.対策をして不安を和らげる方法もある

どうしても迷ってしまうことや、不安が付きまとう場合は対策を行うことで気持ちの安定を図ることもできます。

例えば対人関係で不安があるのであれば積極的に話しかける癖をつけることや、ビジネス関連の書籍を読むなど、自分や環境を変える努力にかえればそれだけプラスになります。

努力が無駄になる可能性はありますが、何もしないで後悔するよりもましである場合も多いのです。何故なら、次に同じ方法をとることは無いため、過ちを繰り返さないで済むからです。

書籍などで解決しない場合は、ビジネススクールなどで適性診断を受ける、模擬面接を受ける、履歴書や職務経歴書の添削サービスを受けると言った方法もあります。

履歴書や職務経歴書を代筆で書いてくれるサービスも存在するため、自分の弱点を補う方法を見つけた方が現実的なのです。

●転職に不安はつきもの

転職に不安はつきものだからこそ、うまく調整してくことが重要になります。

・リスクなしで成功はつかめない
・不安に思うほど、時間とエネルギーの無駄
・対策で不安を和らげる方法もある

考え方を変えれば不安を受け止められる人がいる一方で、どうにもできない人もいます。そんな場合な実際に対人関係を良好にするスキルや、転職のための講習を受けるなど努力にかえた方がプラスになりやすいのです。

転職で職歴1年未満は今後にかなり影響する事も!

一年未満で転職する場合にはそれなりに理由があっての事だと思われます。しかし面接をする側の人事はそんな個人の事情など考慮に入れてくれる事は決してありません。

今回は1年未満の転職がどれだけ今後を左右されるかを見てみましょう。

1.新卒で一年未満の職歴は相当厄介

一年未満の転職の中で非常に厄介なのが新卒で入った会社を短期で転職する場合です。

この場合一年未満どころか丸一年働いたとしても短期で会社を辞めた人と見なされ、若くてもその後の転職活動に大きく響いてしまう事も多々あります。

新卒で一年未満で転職する為に会社を辞めた場合、まだ若いので求人数はたくさんあり、結構良い条件の企業や大きい企業で正社員の募集を見つける事が出来ますが、会社で働いた期間の短さを見ただけで仕事が長続きしない人と判断され、不採用になる場合もあるのです。

そのため例え若くても良い企業で就職する事が出来ず、ある程度妥協した条件で働く事になる場合もしばしばあります。新卒で一年未満が厄介なのはそれだけではありません。

中途と違って初めの職歴が短いと、短い職歴を履歴書に書かずにごまかすという手が有効に使えません。

職歴を書かなかった場合、在学中に企業に採用が決まらなかった無能な人、書けば書いたで物事に耐える力が無い人と判断されてしまうのです。

2.中途で一年未満の転職なら少しは救いが

中途で一年未満の転職ならば新卒よりはまだ救いがあります。最悪自己責任でですが履歴書にその職歴を書かずに応募するという手も新卒より有効に使えるからです。

会社で働いていたはずの期間を無かった事にするため、その間何をしていたかを聞かれる場合がありますからパートをしていたなどうまい言い訳を考えておく必要がありますが、ごまかしもききやすいので少しはマシと言えるでしょう。

ですが短い職歴は転職活動の度に一生付きまとうものなので、無いに越した事はありません。

3.一年未満の職歴…マイナスイメージを打ち消すには?

一年未満の職歴はどこの企業でもマイナスイメージを持つ事が多く、時間が経てば消える類の物ではないため非常に厄介で、下手をすれば職歴で一生ハンデを背負う羽目になります。

このマイナスイメージを打ち消して就職活動を成功させるためには、

・5年以上働いていたという職歴を頑張って作る
・資格を取り、人材不足の業界へ就職する
・転職に成功したら短い職歴をこれ以上作らないようにする

…といった事が挙げられます。短い職歴をこれ以上作った場合、更にハンデを背負って就職活動する事になり、転職の度に就職する企業がグレードダウンしていく事もめずらしくないのです。

それを避けたい場合は長続きしている職場もあったという経歴を作る為に長く働くしかありません。

企業は職歴で人を見る

日本は一度つまづいた人間が再起をはかるのが難しい国です。この「つまづく」と言うものの中にはニートなど職歴にブランクがあるものや学校中退も含まれますが、ごく短期の職歴や転職歴の多さなどもそれに含まれます。

初対面の人を面接する企業の人事は、中途の場合は面接での本人のイメージの他に重点的に過去の職歴を見ますから、なるべく短い職歴を作らないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です