転職先によって行われる在籍確認とは

転職活動では、応募をする会社に対して今までの勤務先の情報を伝える事になります。そもそも応募する際には、必ず書類を提示する事になるでしょう。

履歴書などには、職歴を記載する欄がありますね。そして転職先によっては、在籍確認をする事もあるのです。その理由は、簡単な事実を確認する為です。

1.内容の整合性が合否の基準の1つ

まず転職で求められる点の1つは、面接時に答えた内容との整合性なのですね。面接にて、人事担当の方に正しい情報を伝えていたか否かは、重視される事になる訳です。

もしも正しい内容ではなかったと発覚した時には、不採用になるケースもあります。ですので面接時には、正しい内容を伝える必要があるのです。

2.電話で整合性を確認している

どうやって整合性を確認するかというと、それが前述の在籍確認です。例えばAさんという方が、ある時までB社にて勤めていたとします。それで何らかの理由があって、AさんはC社に転職をしたいと思いました。

その場合は、当然C社に提出する履歴書に対して、B社のデータを記入する事になるでしょう。そしてC社としては、本当にB社にて勤務をしていたかどうかを確認したい訳です。

前述のように、整合性に関わる問題があるからです。確認の手段としては、主に電話になります。履歴書に記載をした会社名などから検索をして、B社に電話をする事になります。

それでC社での面接に間違いが無いかどうかを、簡単に確認している訳ですね。Aさんにはその内容は伝わりませんが、たいていの転職先ではそれを行っている訳です。

3.確認内容は転職先によって色々

ちなみにどこまでを確認しているかは、それこそ転職先によって色々と異なります。B社での勤務状況はどうだったのかが、何となく確認される事もあります。

もしくは勤続年数などに関する質問をされている事もありますし、状況によっては退職理由などを質問している事もあるのです。

ただし、あまり突っ込んだ質問はされないケースが多いです。と言うのも日本では、個人情報に関わる様々な決まりがあるでしょう。

法律による兼ね合いがあって、あまり細かな点までは確認できないのが実情です。そこまでプライベートな点まで在籍確認で聞かれる事は無いので、安心かと思います。

4.探偵に確認を任せる事も

ちなみに資金体力がある会社の場合は、その在籍確認の為に探偵に依頼している事もあります。探偵業というのは、主に調査を行う事になりますね。

雇用しようと考えている人材が面接で正直な話をしていたかどうかを、探偵業の方々に確認をしてもらっているケースもあります。

ただ探偵業に対する依頼は、現在では件数は減っていると考えて良いでしょう。やはり資金的な問題があるので、自社で在籍確認をしている事例が多いのが実情です。

●正直な情報が大事

以上から、次のような事が言えるでしょう。

・転職先によっては以前の勤め先への在籍確認をする
・どこまで質問されるかは転職先によって色々
・そこまで突っ込んだ質問はされない
・探偵に在籍確認を任せる会社も

いずれにしても、事実確認が行われている事例は多いですね。そして嘘が発覚してしまえば、やはり内定は著しく難しくなってしまいます。転職活動では、とにかく正直な情報を伝えるよう心がけるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です